主治医に報告(2018年12月第4週,第5週)

退院したので医師との報告は週1(メンタル)と月1(糖尿病)になる。その内容もある程度書いておこうと思う。

退院当日,とりあえず荷物を家において,クリニックへの紹介状(入院期間中の報告書)を預かっていたので,クリニックへ届けに行った。糖尿病内科はお休みだったのでメンタルクリニックのみ。

入院してうつ病もちょっとはよくなったような気がします~,とこのときは報告したのだが,後に誤りであることがわかった。

日を改めて,糖尿病内科にも退院報告。食事の食べ方などについて復習をして,来月来院時の目標体重を決めた。87.3 kg → 83 kg台をとりあえず申告。先生からは「大丈夫?(ハードル高すぎない?)」とのことだったけど,今のペースが続くなら3kgは問題なくクリアできるだろう。筋トレもしてね~,これやり方の冊子,とあっさり言われる。「(筋トレできたらうつ病で苦しまないんですけど・・・)」とは思ったが,まあこんなものだろう。

さて,退院後の生活。これが意外としんどい。3食全部用意されていたところから,3食全部自分で用意しなければいけない。もちろんあれこれカロリーやらを考えたメニューをだ。まだノウハウがたまってないので,とりあえず弁当を買ってきては一部を残すなどのやりかたでやり過ごした。

うつ病の良くある症状に,「お風呂に入るのがつらい」というのがあるが,これもまだある。さすがに外に出歩けるようになっていたので大丈夫かと思ったのだが,これもまだだめなようだ。一応毎日風呂かシャワーか入るようにはしているが,どうにも億劫だ(書いている今もまだ入っていない)。

フィットネスバイクも漕いでみる。自宅のはやたらと健康な人用らしく,16段階ある設定のうち,一番軽い設定でも15分がやっとだということがわかった。これも,漕いだら尻のあたりが筋肉痛になった。毎日はなかなか難しそうだ。

1日の予定を立てても,半分もこなせない状況が続く。疲れてしまって昼寝をしたり,そうこうしているうちにお腹が空いて何もできない状態になったり。一人暮らしは結構負荷が高いようだ。

翌週(12月第5週)のメンタルクリニックで上記のような状況を報告。一応主治医としては実家に帰った方が良いのではないかということを奨められた。

うつ病の治療を優先するならそれが最善なのかもしれないが,自分で生活のコントロールをしながら肥満を解消しないと,いつまたリバウンドするかわからないので,とりあえずはできるところまで一人暮らしは継続の意向。しんどいけれども,まだ詰んでない。

タイトルとURLをコピーしました