服薬管理とダイエットを始める(自宅療養その4)

すぐに仕事が休めるわけじゃない(自宅療養その3)」の続きです。療養記の目次はこちらから。

内科に行って糖尿病の数値が悪くなっていたことがわかった。入院するかどうかはともかくとして,とりあえずダイエットしなくちゃ…。でもメンタルもしんどい。

体重の推移はというと,近年だいたい90kg前後(167cm)だったのが,2017年12月頃から体調が悪くなっており,体重も増加傾向に。2018年5月に自己最悪の98kgをマーク。その後2018年10月に内科に行ったときには若干減って94.3kgとなっていた。これがダイエット開始時の記録。

とりあえず1日1回体重測定(内科では1日朝晩測れって言われたけど…)をするのと,服薬がいいかげんだったのをしっかりするところから。お薬カレンダー(ビーグラッド お薬カレンダー 1週間分 ひつじ ブラウン)を発注して壁にはりつけた。非常にかっこわるいけどしかたない。元々ピルケースは持っていたのだけれど,うつ病の薬と糖尿の薬を両方合わせると8種類か9種類ぐらいになってしまってピルケースには入らなくなってしまった。

あとはウォーキングでもしようかなというところ。うつ病がひどい時はとにかく外にでるに限る。幸い寝たきりになるほどひどくはなる前だったので,散歩ぐらいはできる体力が残っていた。自宅から歩いたことのない方面にロードサイドのスターバックスがあるようなので,そこまでてくてく30分ほど歩いてコーヒーをのむことを日課にした。

続き:「大きな病院の初診(自宅療養その5)

タイトルとURLをコピーしました