1日1600kcal・1日4回体重計測へ(教育入院その5)

サボっていた眼底検査,運動療法のはじまり(教育入院その4)」の続きです。療養記の目次はこちらから。

当初の食事は1800kcal制限(常食だと2100ぐらい?)だったのだが,医師の先生に「1600kcalでも大丈夫そうですよ」みたいなことを言ったら,翌日から本当に1600kcalになっていた。言ったは言ったけど,予告が無かったので心の準備ができてない~。200kcal下げただけなので,一食当たりだとご飯が少し減ったかなというぐらいで,特に変わりはない。食べた直後はちゃんと満腹感もある。ただつらいのは食前で,何もする気力がわかない。

1日4回測定している血糖値は徐々に下がってきていて,入院当初150ぐらいだった値が,食事と薬のおかげで1週間ぐらいすると空腹時血糖は100~120ぐらいまで落ちてきていた。その後は90台,たまに100台がでるぐらいで安定した。当初クリニックでは220オーバー,インスリン注射かもと警告されていたので,とりあえずその事態は回避できた・・・。

血糖値の測定に加えて,体重も1日4回測定することになった。この件に関しては詳しく別の記事で書いたのでそちらを参照してほしい。

病院で教わった体重のはかり方
1日のうちいつ体重を量るとよいのでしょうか。よく言われているのは,いつ体重を量るかを決めて量るといいというものです。朝起きた時とか,夕食後とかですね。1日1回,決まったタイミングで量ることで,1日の体重変動による誤差を小さくする量り方であるといえましょう。この記事では,入院中に習った1日4回測定法をご紹介しようと思います。 病院で習った1日4回測定 簡単にいうと,1日4回測定とは,起床直後,朝...

血糖値のコントロールが上手くいったことで,残る課題はひたすら体重を下げることになる。1日2回の回診での話題がひたすら体重と運動のことになるのはちょっと辛かった。1日2回来られても体重は減らないよーなんて言ったりした。

続き:「4床室に耐えきれず個室へ(教育入院その6)

タイトルとURLをコピーしました