環境に慣れなくて眠れない(教育入院その3)

ルーティンを覚える(教育入院その2)の続きです。療養記の目次はこちら

1日目の夜は個室だったものの夢見が悪くてうなされ,2日目からは4床室に移り,夜9時半消灯で一旦眠りにつくものの夜中の2時とか3時に起きてしまう。これが数日続き,睡眠のリズムを整えるお薬を出してもらったりしたのだけれども効果なし。

元々鬱の影響で不眠気味なところはあって,ここ最近は収まっていたのだけど,入院して一気に再発。ググってみると中途覚醒っていうらしいですね。運が良いと一度起きても再入眠できるのですが,今回の入院生活に関しては再入眠全然だめ。3時に起きて,照明をつけるわけにもいかず,起床時刻の6時までずっと暇…。

看護師さんにも心配されるけどまあしょうがないねー困ったねーとしているところに,病院のご厚意で夜だけ個室で寝かせてもらうことになった。これで毎日とは言わないまでも,2日に1度ぐらいは眠れるようになった。眠れない日も,朝ご飯の後に少し仮眠をとるようになった。

4床室はいろいろな生活音があって,で自分も音を立てないように…と思って緊張が続いているのがだめだったみたい。事前の予想と比べれば,これでも病院の環境には思ったより適応できたなと思った部分も多かったので,不眠ぐらいはしょうがないかなと思った。

次の記事:サボっていた眼底検査,運動療法のはじまり(教育入院その4)

タイトルとURLをコピーしました