糖尿病の食事例(1600kcal)(教育入院その10)

退院日が決まってから退院に至るまで(教育入院その9)」の続きです。療養記の目次はこちらから。

何枚か病院食の記録を写真で残していたので,汚い写真だけど3日分だけ公開しておく。基本的に適量であればお菓子以外は何を食べても良い,ということを示すためにいろいろな物が出されるのだけれども,その適量が結構シビアで,それを食べて感覚で覚える3週間といった感じだった。味付けこそ薄いものの全般に美味しかったのには救われた。

1日目の朝食

1日目の昼食

1日目の夕食

2日目の朝食

2日目の昼食

2日目の夕食

3日目の朝食

3日目の昼食

3日目の夕食

見てもらうとわかるとおり,朝・昼・夕のエネルギーがなるべく均等になるように作られているので,記録を見ないとどれが朝食だかわからないようなケースが多い。アップしていないけれども,主食は食パンやロールパン,蕎麦の時もあった。

食事療法のポイントについては

食事療法について習ったこと
糖尿病教室で習った食事制限のルールについての覚え書き。 ジュース,間食をしない。 1日3食,毎食なるべく均等に食べること。 主食・主菜・副菜をバランスよく(エネルギー比で炭水化物を50%~60%,たんぱく質を20%以下,残りを脂質とする) 毎食野菜をつけること。食べるのは野菜から。 よく噛んでゆっくり食べること。 油や油に類するものをつかった品は1日2回まで...

にまとめたので,気になる人はこちらも参照して欲しい。

続き:「入院に持って行って正解だった物(教育入院その11)

タイトルとURLをコピーしました