うつ病を語る語彙が足らない

こんにちは,とど(@tsundenai)です。

数年間うつ病のことを主治医以外にはろくに話してこなかったのですが,職場にカミングアウトしたことにより,ある程度病気についてのコミュニケーションに備える必要がでてきました。

ところがあれです,ほらあれなんです。うつ病を語るための語彙がないんです。今回はその話を。

慢性化したうつ病は伝えづらい

週に1回の主治医への報告でも

  • 調子はどうですか → (上向き,現状維持,下向き)の3択
    • 下向きを選んだ場合 → 落ち込むことはありますか → イエス or ノー
  • 眠れていますか → イエス
  • 食欲はありますか → イエス
  • 薬の調節をどうしましょうか → 現状維持で
  • その他ききたいことはありますか → ナッシング

基本的にこんなものなんですよ。僕は何がどうつらいかを語ろうとしない患者というか,基本的に先生も,語られたところで結局は処方の調節しか選択肢はないので,結果あんまり喋ってもしょうがないという学習が進んだのかどうかはよくわからないんですが,僕はもうあまり喋らなくなってしまいました。

もちろん,何かショックな出来事があればそれを話すんですが,それって普通の人でも悪いことがあれば落ち込むのであって,何かうつ病特有の状態を表現しているわけではないのです。

薬を飲んでいればなんとか生きていられて,慢性化してしまってもう急性期の苦しみとか死にたいとかもないし,やたら生活に支障がでるぐらい不便だなあという時期が年に2,3ヶ月あるというだけなんですよね。

うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけないか?

加えて言えば,特に何か日常会話で配慮をしてほしいこともないんです。よく,「うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけない」といいますし,カミングアウトしてからは「日頃がんばりすぎなんだよ」と実際に声をかけていただくことも増えました。

典型的なうつ病なりたての人の場合,確かに「もっとがんばらなきゃいけない」と思い込んでうつ病を悪くしてしまう人もいると思うので,1つの接し方ではあると思うのです。

でも僕の場合もう慣れてしまったので,多分「がんばってね」と言われても,「がんばれたら鬱にならんがな」と思っておしまいです。むしろ,妙に腫れ物に触るように気遣いをされても,気遣いを感知して疲れちゃうので,普通に接してもらって大丈夫なのです。こういうことを短いコミュニケーションの中で伝えるのって難しいんですよね。

うつ病患者100人並べてみれば,近い人を選ぶことはできると思う

先日将棋棋士の先崎学九段の書かれた(2018)『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』文藝春秋を読みまして,ああ世の中にはこんなにも豊かに情況を語れる人がいるんだなあというのを非常に感心しました。

逆に,同じうつ病でも田中圭一さんの(2017)『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』KADOKAWAは,この人勝手に断薬してるし,わりと認知療法に近いやり方が効いていくエピソードが多くて,あまり共感できませんでした。

もちろん先崎さんの病状も,かなり急性なので,自分とは大分違うのですが,基本的に脳の病気であるという認識や,認知から変えていくよりは行動から変えていく点に共感しました。

このように何人か患者を並べてみれば,僕はこの人に近いかなというのは言えるのだと思います。一口にうつ病(大うつ病)と言っても,患者によって捉え方は様々だし,合っている治療法も結構いろいろある。それを健常者の人にわかってもらうのは結構大変なことなのだよなあと思いました。

練習帳としてのブログ

幸いにして,このブログを始めましたので,何か伝わりやすい語彙を試行錯誤しておこうと思います。今は匿名ブログで,カミングアウトの範囲も職場だけですが,もう少し広めに社会にカミングアウトしても支障がなくなるための準備でもあるのです。

語彙を増やす手立てについてはまた今度。ご購読ありがとうございました。よしっ,まだ詰んでないっ。

2019/01/03追記:日本うつ病学会治療ガイドラインを読んで少し標準的なうつ病に関する語彙を得ることができた。下記記事に追記している。

うつ病の来歴
自分用カルテ 2005年12月,20歳頃から某市のクリニックAにかかるようになる。冬期うつのような症状。2007-2008の冬期,2008-2009の冬期にも通院歴あり。この頃はスルピリドを中心に服薬していた記憶がある。 2010年,26歳頃に最もひどくなり,医者にもかからずに半年ほどひきこもる。その後2011年に再び医者に通い出し(クリニックB),転居に伴いクリニックCにかかる。ひきこも...

2019/01/06追記:語彙がちょっと増えまして,続きを書きました。

憂鬱じゃないうつ病患者のこと,ご存じですか
この記事は下の記事の続きです。 いろいろブックマークコメントで教えて頂きました。 うつ病を語る語彙が足らない | 鬱と糖尿で詰んだ 「語彙」は「うつ病」や「抑うつ状態」について書かれた文献を読み漁るとか?ただ表現がDSMの診断基準のような型通りになってしまうかも?このうつ病学会のが決定版です→ 2018/12/31 19:50 うつ病の治療ガイドラインを読ん...
タイトルとURLをコピーしました